10年落ち 10万キロ エリシオン 買取 査定

10年落ち、10万キロ以上のエリシオンの買取・査定

車を売却するとき、新しい年式だったり、走行距離が少ない車は高額査定を望める。と思っている方が多いのではないでしょうか。

 

確かに10年落ちや走行距離が10万キロ以上の車に比べると利用価値は大きいでしょう。
年代車や過走行車は査定額すらつかないと思われている節もあります。

 

しかし車の状態によっては新しい車が必ず高額査定がついて、年代車は査定すらつかないとは言い切れないのです。

 

たとえば、いくら新しい車でも売却するときに外装や内装を自分好みにカスタムしていたら、当然、業者は販売しやすい様に元の純正に戻すため費用を査定額から引きます。
するとその費用分、査定額は低くなります。

 

反対に年代車であっても人気の車種であったり、きちんとメンテナンスが出来ていてきれいな状態であれば適正な査定額がつくのです。

 

最近の車は性能が向上しているため、10年落ちでも十分走る事が可能です。
安く中古車を買いたい方には良いターゲットになるかもしれません。

 

売却先の注意!

 

ただし売却する場合はきちんとした売却先を選ばなければ、単純に年代車で過走行車だからという単純な理由で適正な査定が行われないこともあります。

 

複数の業者に査定を依頼して適切な査定額を知るのです。
それには「一括査定」という良い方法があります。

 

 

 

おすすめの一括査定サービス